2021/04/23

知っていたその匣の封印を解いたら 閉じ込めた夕立と短い口づけと そのあとの青空も涙も ごめんね と動いた唇も 何一つ受け止められないと 知っていた同じ言葉でも違う心だと 知っていたどの物語でもずっと脇役だったと

2021/04/18

過去を思う未来を思うパラレルの世界を想う 生を思う死を思う三叉路の果を想う 悪にも善にも倦んで膿んで 仮想の仮装の空間の亡霊の 声も聞ず姿も見ず身一つで身勝手に 季節の端に昼夜の隅にいまも潜むきみを詠う

2021/03/21

心と頭で裏をかき合ういつまで言葉に無を纏わす 何が本当かわからない願いは遠くに見える山の あの夜になりかけの辺り いつかの夜になりかけの辺り

2021/02/17

約束で外堀を埋めて此処にいる だからって逃げられないと思ってるの 真夜中そろそろ酔いも回って 赤い甘い嘘によく似た 記憶を辿る空を飛ぶフリで だいじょうぶなんの翼も無いから 取り出したるは千本の針 だいじょうぶタネも仕掛けも有るから

2021/01/17

僕と君の7年間が 少しずつ変わっていく 絶対に譲らなかったワガママを 堪えてそっぽを向く 寝言で甘えて鳴く ダメの化身みたいだった 君を忘れないよ 次にきっと逢えたら 今度はずっと末っ子でいさせるから 鳴かないで泣かないで 君を愛しているよ

2020/12/28

遊びのルールも勝ちの定義も選べたのに 実より名が好きな人間がどうやら多い ところでそっちは賑やかそうだ 空腹も重力も地上に棄てて

2020/12/23

古いテレビが 砂嵐になる頃やっと眠る 盗んだボトルで 血中のアルコール濃度満杯にして 綴った手紙は 一度も誰にも出さずに 夢を見てた 望む姿で望まれる姿で 夢を見てた 病める時も健やかなる時も

2020/12/21

細い煙草に火を点けて白い呪文を吐き出して もう忘れてしまえそうで最後にその名を呼ぶ もう忘れてしまえそうで一度だけその名を呼ぶ 吹き溜りの夜の最初に僕を愛した 細い煙草に火を点けて もう忘れてしまえそうで 白い呪文を吐き出して 一度だけその名を呼…

2020/12/06

役回りは、きっと。 隕石や、氷河期や、磁気嵐や、そっち側。 究極に、それが何? 生きる、殺す、立ち止まる、進む、振り返る、忘れる。 そうやって、亡んでく。 死にゆく僕も、死にゆくみんなも、がんばれ、がんばれ、 間違いついでに。乱痴気ついでに。

2020/11/30

これが最後こんな夜はね 一生に一度二度、三度 知ってる嘘吐きだからねなのに抗うからね 始末に負えないそのメモリーを消すのが罰なのか 消さないのが罰なのかいっそ 失くすとか壊すとか 全部忘れるとか全部 全部全部 全部 全部

2020/11/27

その列には並ばないそこに求める物はない 並ぶ者にも何もない 網中の 灰色の 人影のいっぱいの 空っぽの 欲望の 吹出しの 山積みの 掃溜めの有象無象の 劣等発の そのバスには乗らない手の鳴る方へは行かない 鳴らない方へも行かない 開闢の 歪形の 果ての成…

2020/11/21

生活と非生活とのスイッチを切り替える いつしかクロオビくらいさ奏でる トースター笛吹きのケトルと全自動洗濯機 逆さに振れば二人だけの夏がこぼれるわ 浮かぶ面影を 思い出さないための思い出もある 願わないための願いもある そんなものって笑って そん…

2020/11/13

僕にとって神はずっと祈るためじゃなく呪うために居た 生まれつきの歪を引き摺って人生は分の悪い消化試合 だったいつまでも隠れていられるスカートの陰を手に入れるまでは 裾をぎゅっと握りしめて何も変わらないけど赦すよ 僕も神もこの人生も何も変わらな…

2020/11/08

殺処分て文字を見る度息を止めて心を空にする出来ることは何もない楽になりたいなら祷ればいいその苦さすら気楽だよ込み上げてきたものは口元で笑いに変わる 否定は肯定を肯定は否定を呑み込み合って その吐露がもう気楽だよ朱いままの手を洗わない洗うどう…

2020/10/23

きっと ってそんなに確かじゃないって わかった頃にはもう会えなくなってて つづく空の下 なにも願わないから時は往け 花の香りを潜って歩いた秋の くちぐせも約束も なにもかも連れてただ 時は往け

2020/10/10

ぎゅっ ともっとさせてほしいだけ ここをこのむねをぎゅっ と だってわからなかったこのほしのるーる もそのいみも ぎゅっ とそれだけがほしくて うしなったりえたり もたのしくて よせるなみの あらうつきの うさぎがはねる ふつう でいたん の ほら うさぎ…

2020/10/07

好奇心 と二度言って 全身にかかる重み 合わせて1400mlの余韻に溶け パイ山で朝マック 何度も流れてきた視線 大丈夫秘密を守るのは得意だよ 大丈夫片想いはもっと得意だよ

2020/09/24

許されなさに歯噛みして安心して 手を繋いだりキスしたりその度に 罪を量る出来るだけ 傷付けないように互いに 笑い飛ばす駄目なのも足りないのも 僕だったのにごめんねって 言えずにこんなに遠くなった 言えずにこんなに遠くまで来た こんなにどうしよう生…

2020/09/14

そこから這い出て二本の足で歩く海水に似た僕らは 永い進化の果てに何処へも還れず朽ちていく元素の集り それでもこの生は歓びに溢れた 何度も投げ出そうと思った割りに ね、熱い砂に耳をつけて目を閉じて ね、今帰仁の波の音が聴こえない?

2020/09/06

光る雲が目に痛いほど晴れた空シャッターを切る微笑みと細い頸にかかるフレアその後ろから洪水のような蜩背を伸ばして陽を受ける向日葵今にも動き出しそうな夏今にも動き出しそうな唇

2020/09/02

世界なんて所詮知ったことかそれだけ 振り翳す大義に馬鹿だからさ愛を潜め きみを傷つける何もかもを僕は赦さない苺とシャンパンで誓う死ぬほど軽い 知りもしない時に言葉はその意味を失うと だけど馬鹿だからさ足りない同士抱き合えるって 馬鹿だからさ愛を…

2020/08/30

日々の暮しにきみがミロを持ち込んで2ヵ月 どうして一度も賞味期限内に牛乳を飲み切れないのか きみはきっと眼中にないけど 僕はすごく気になる期日の過ぎたのを見つけてはミロを作る なんなら最近は僕の方が飲んでる僕の方が飲んでる なのにまたきみは牛乳…

2020/08/25

何処かで音がするもうすぐ四方から崩れ出すだったら 列には並ばずに馳しる 熱情と悔恨と結果恋慕の旗だけを翻し 忘れない名前に顰める眉も余所に馳しる 偶然のアディショナルタイムと駆け比べるこれが 最後なら派手に 一度の祭だきみへ手を伸べて 僕の火だま…

2020/08/18

あの時ならあの時なら まだ そればかり思って随分離れて 電話のメモリーに消せないままの 今も 繋がるんだか繋がらないんだか 分らないナンバー無理な語呂合わせだ って 笑った世界でいちばん好きな あの時ならあの時なら と 破れた心をまた膨らませる もう…

2020/08/12

照り返しでよく見えないたぶん微笑みが 高温の景色に溶けて一度だけ手を振った 白っぽい街の彼方の青眼の端の緑 クラクションと蝉の声に混ざってく赤 名前も想いも心だけで叫んで心だけで叫んで

2020/08/06

ドームへは一度だけ行った足が竦んで館内にはどうしても入れなかった 蝉が鳴いて樹々は騒めいて光る芝生の向うを白い犬が走る 饒舌な沈黙夏の強い日差しに煌く川面を掠めて数羽の鳥が飛ぶ 全て一瞬に燃えたのだ 足が竦んで汗が滲んで人間であることがあんな…

2020/07/15

言葉にすれば端から嘘になるから 最初から嘘のつもりで さよならもう愛してないだけど幸せを願うよ さよならまだ今なら笑い話さ忘れてしまおう そんな夢で醒める真夜中 さよならもう愛してない だけど幸せを願うよ まだ今なら笑い話さ もうこれきり忘れてし…

2020/06/15

努力はほとんど全部叶わなかったけど 憶えていてよ憶えていて なんて今でも思い出すのは忘れないのは きっと僕だけだろうけど 憶えていて 夜の雨にその靴音を探して 明けた朝のびしょ濡れの街角 低いパス率で 服を乾かすためのパネルの数字を押す 震えて 憶…

2020/06/07

森を薙ぎ空を焦す 無辺だと謳われる宇宙の 水の星に生まれついた 食らい合う命たち 罪の前に同じ罪の前に同じ? 無数の悲鳴で出来た身体で 地表を覆う爛れた無邪気で 賑やかに次は砂の星へ? 罪の前に同じ罪の前に同じ

2020/05/24

もう十分眠くなってからそれから夜ごと白い小鳥をタップ TLとリストを行き来する間じゅう目や鼻に落ちてくるスマホ 何かを思うのに疲れて何も思わないでいられたら、と 降参は僕の得意技だったのにな睡魔と落下とブックマーク 残りの泣き言はきみにしか言わ…