『イントロダクション』

どうも、九月水曜です。

幼少の頃より、詩のような、詞のような、とにかく文章を書いています。
現在も僕の部屋の本棚以外に存在しているのか不明ですが、本を出しています。

『BGM』 文芸社 2002年

前時代的なHPもやっています。

きみと、夜と、琥珀のお酒。- you and the night and the scotch -

いろんな事がもう遠くなったからなのか。
2017年の、いまこの身を、一番軽く感じながら。

つれなのふりや すげなのかおや あのようなひとが はたとおちる

来世も、来来世も。

来来来世も。

いつかの雨の、夜の2国の

さよならを心に隠して
きみは何でもない顔して

ルーフを叩く雨の音が
古い恋の歌を掻き消す

濡れた髪もかまわず
シートに凭れて口遊む

それは聞き取れないのか
僕が聞きたくないのか

この先の信号を右へ
次のカーブを曲がれば

色も音も無い海に
貼り絵の船だけが浮ぶ

もう何度となく
繰り返したのに

口づけも躊躇いも
初めてみたいに

たった一言で
ほんの一瞬で

沈黙の意味は変わると
知っていたから

願いも約束も
未来もこれきりも

上手く嘘にして
いつもみたいに笑って

すれ違うヘッドライトに
光の粒が弾けて踊る

きみの左目と僕の右目に
光の粒が弾けて踊る