『イントロダクション』

どうも、九月水曜です。 幼少の頃より、詩のような、詞のような、とにかく文章を書いています。 現在も僕の部屋の本棚以外に存在しているのか不明ですが、本を出しています。 『BGM』 文芸社 2002年 前時代的なHPもやっています。 きみと、夜と、琥珀のお酒…

名残り

名前を呼ばれた気がして振り返ればいつもと同じ夕焼けが緩んだ風に霞む ああ さっきのうたた寝の間にみた懐かしい夢のせいだな もう新しい街にまぎれ暮らしを変え揃いの時計も失くしてすっかり別々なのに まだ 名残りが消え切らずに立ち昇るひとすじの煙のよ…

愛しているよ

取っておいたんだこの言葉は10年目のきみに絶対に捧げようって きっと言ったってちらりと見てお好きにどうぞ横顔だけで応える だけどさそういうところが好きだからまったくしょうがないよね ブランケットを取り合う雨の午後に決まって僕らは夢の話をする ク…

no Merry Xmas

断ればよかったのにツリーの飾り付けなんて目一杯楽しそうに調子を合わせたりして その内にほら聞きたくもない話になるね、見る目無いよね、ってカレにじゃなくてキミにね 2色の電飾を苦労して巻き付けて綿の雪をもうふんだんに載せて 天辺にはベツレヘムの…

アトモスフィア

ずいぶん長く会えなかったけれど話せなかったけれど 元気でいた?それともまだ夜毎赤い目を擦って もう笑えないかもって もうきっと笑えないかもって 悪い夢に足を絡められてきみをきみが縛って 今夜星が降ればいい 祈りがきみに届いたらいい 煌めく粒を胸い…

violet fizz

2000円で朝まで飲み放題のクズみたいな酒の処理機構の 夜には目を覚まして喚き合う バーカウンター5、10、15、中ジャンをハイスピードで 負けて呷って横目で盗み見る手を叩いて笑う掃き溜めの鶴 グラスには violet fizzスミレ色の 偽の愛でrain、rain、外は…

月の明かり

もう嘘でいいから 言い掛けて微笑みが消えるのが嫌で ハンドルを南へ切る また夏を見ようか 何処かでなら花火は今夜まだ上がる 横顔に月の明かり 恋の始まりを思う 追えば逃げて少し振り返って 突然の雨の高架下で抱き合って もう嘘でいいから この道を果て…

次は出逢わない

すべてをきっと憶えておいて次は決して出逢わない 428号線の短いトンネルを抜けたら後は5回曲がるだけだって 何十ものカーブを無視した雑な道案内で辿り着いた坂の上には星が光ってた またね って振り向きもせず すべてをきっと憶えておいて次は決して出逢わ…

NUDE MAN

その部屋には不似合いな黒くてゴツいラジカセから 鳴るのは決まってNUDE MAN たかだか600日弱早く生まれたってだけで 分かんないかなだってさ、コービー冷蔵庫を漁りながら ビールは嫌いだったっけ って不味いのはね って 何もかもいいじゃんどうかなあきら…

結ばれない恋

抱きしめて 誰かにこの悲しさを 恋の重さを微笑んで ひとこともういいからと 言ってほしかった きみを愛してる とても愛してる分かるんだ これは結ばれない恋 だけど悪あがきしてもいいだろう?きみを抱きしめて夢みても いいだろう? きみを愛してる とても愛…

最後のまるい月

ほらね マボロシと踊るよ一途な夢も消えるよ期待もせずに ただ何度でも深夜のテレフォン きみを誘うよ さあね 泣いたりもしたよ悲しい夜もあったよ記憶なんかは あてにならないそれより今日は 五月晴れだよ 何でもいいから 海が見たいな言い訳なしで きみに…

バースディ’sキス

リゾートホテルの広いバスタブで三度目のハッピーバースディ'sキスして 目覚めた今日の行き先は夢の国の夢の海まずはあのタワーへ 今なら20分待ち大急ぎで回廊を抜けてシリキ・ウトゥンドゥの謎を解いて 手を振って 急降下その前に 笑顔でピースサイン 次の…

バースディ・イブ

30分早い開園空は青 雲は白アーケードをくぐって着ぐるみを横目にスペース、スプラッシュ、ビッグ・サンダー得意げな横顔のグランドサーキット・レースウェイ 次はどうする? ってパークの地図を広げてモンスターズインクにがっかりスタージェットにもがっか…

インプット20XX

とりあえず始まったロング・バケーション 読みかけの本や齧りかけのエトセトラ行きたかった山やまた見たい海や空 クーラーの部屋から20XX年の夏へ せーので飛び出して白いノートを広げる頭のどこか深くで懐かしくて甘い歌 聴こえるさざ波のラインダンス そん…

Honey moon

サングラスは要る?サンオイルは要らない? 雑踏を泳ぐ朝夕のラッシュカレンダーにも腕時計にも飽き飽きしてもういいじゃんたまにはいいじゃん梅雨もまだ先のバカンス 低迷が続く軟弱な気温トリハダで心臓マヒ確定のダイブでもいいじゃんなんでもないじゃんき…

My Favorite iTunes

最近はわりと楽しくもある仕事から帰ったらマシンを立ち上げてディスクに音符のアイコンをクリック My Favorite iTunesMy Favorite iTunesプレイリスト「ヘビロ1」から My Favorite iTunesMy Favorite iTunesプレイリスト「ヘビロ2」へと 最近はいつも僕より…

薄氷

まだいまは薄く張った氷のうえ気をつけて気をつけて進むその手を離しはしないから あと少し降るような花の庭まで気をつけて気をつけて進もうきみを離しはしないから

ruby red melody

無造作に積み上げたCDプラスチックのケースの疵何かを思い出してる 細い首に絡むネックレス引き千切って泣かせたくなる縺れる指でキーを叩く 音もなくメロディー闇に響け僕はきみの声以外耳を失くす 唇の温度で僕よ届けこんな思いを伝える言葉なんてない 夜…

知らず

きみを思ったりはしない 酔い痴れて誰になのかささやかな誓いまた破って 組み上げたパズルを崩す また一から嵌め込むんだ忘れるためにまた思い出して 繰り返す夜欲しいものだけをなんとか忘れて だけど同じさよく似た微笑みに振り返ってしまう 何処まで 追う…

夏の手前のパラソル

この手を取ってねえお願いさただ頷いてみせて地下への階段で 細いヒールを響かせて微笑んで この手を取って秘密の箱の中へただ頷いてみせて午后の陽を避けて 2国の長い赤信号待ちかねて 欠伸をひとつ、ふたつ夏の手前のパラソル いまがこれが永遠でいい この…

菊水山で、愛を叫ぶ

夏の空いっぱいにすきだって叫んだ目を閉じて風に耳を澄ませた 電波塔と全身を収めようとするから両方遠くなるのは仕方がないんだって 言っても聞かないじゃあもういいってカメラを取り上げて台座に腰を下ろした 夏の青いっぱいに心は散乱する目を閉じればあ…

dead end

やっぱりってダッシュボードに置いたイニシャルを刻んだ銀の指環 ごめんねってどしゃ降りのあの道目一杯踏み込んだアクセル 危ないから ワイパーをまわしてってきみは言うけど どのみち僕には この先なんて何も見えやしないんだよ 泣き顔で精一杯微笑んで無…

遠い冬の海沿いの駅

電車をもう2本も見送って プラットホームの端降ったり止んだりの雪紺色のピーコート悴んだ指先俯いたままの横顔 短く揃えた襟足に北風 マフラーをしていたらな、って繰り返し夢にみる遠い冬の無声映画のなか動いているロープウェイ 見下ろした海よりはしゃぐ…

思い出の準備

あと何日僕たちは笑ったり 涙ぐんだり幸せで いられるだろう ただ毎日恋をしてできるだけ 強い言葉できみのこと 繋ぎ止めるけれど 会えば会うほど不安できみはどんどん綺麗になる僕はひとりで苛立つきみはだんだん賢しくなる もうこの手は届かない悲しいくら…

点火

ここからはボーリング場のでかいピンが見えるから 盆踊りの太鼓の音も切れ切れに聞こえるね あっちの打ち上げ花火を見に行こうか まあきっとここからも見えるだろうけど そういえばUFOのドラマ今日が最終回だったっけ 口数に反比例な受け止め続ける空気 でも…

ダンス・ウィズ・ミー

全部涸れきった! ってベッドにCDもMDもカセットも投げてあのドーナツ盤の上で踊った 可愛い悪魔を捜す 黒い翼に黒い尻尾をつけて真っ赤な嘴と宝石の瞳夜になれば決まって現れた 可愛い悪魔を捜す また取り引きをしようぜ何だってあげる さあ ダンス・ウィズ…

ある場面

アスファルトへ打った水が熱を冷ます もう夏の朱い夕暮れ振り返れば 風が渦巻いて高くふっと思い出した場面を 何処か遠くまで連れて追えば時を戻せるような もう一度、ともう二度と、を繰り返して 言い掛けた言い逃したあの言葉を 僕がまだ持っているならき…

続・夏の匂い

肩に凭れてはじける光を見てた 続く熱帯夜過去から吹いてくる風 そのひとはわらった本当に久し振り、ってオイルライターを擦って 揺れる火で赤い紙縒りを燃やした 視点をぼかしてとりどりの色を見てた そのひとはわらった少し変わったわね、って耳元にくちづ…

もう見ることは無いと思った夜明け

忘れはしないけど二度とは伝えない この胸を叩く雨叫ぶように身を任せて 花の終りの纏わりつく甘い空気振り払っても振り払っても 何処へも行かない捨て鉢な口癖も 炭酸の泡の最後の消えた音も 忘れはしないけど二度とは浮かべない 赤信号の向う一度さえ振り…

群青

夏の前の風が吹き抜ける夕方部屋いっぱいの日差し きみは微笑って浅く眠って 遠くで鳥が小さく鳴いた黄昏空は宇宙に変わる こうして何度もきみと何度も 一日の終りを見送ろうねえ涙が止まらないほど愛しているんだ 夏の前触れの燃えるような群青空は宇宙に変…